羽田空港 朝のフライトに乗るためには

昨日は朝7時に家を出て東京へ。午後はずーっと会議。カッカしながら、だらしない人たちの対応について協議。世の中には、他人に厳しく自分に甘い人が多すぎる。理不尽である。

疲れ果てて社宅に戻り、さっさと晩餐を済ませて帰った。22時には寝たと思う。朝は5時起き。飛行機は9時前。さあ、どうしようか。

フライトに間に合えばいいのなら、浜松町を8時発のモノレールに乗ればいい。通勤ラッシュで激混みのあの列車に乗れば済む。たった一駅、天王洲アイルまでの辛抱だ。浜松町から羽田空港まで乗る人は少数派だ。

うーむ、ラッシュは嫌いだ。
人混みは嫌だ。

痛いし、苦しいし、人いきれで疲れてしまう。たった5分が永遠に感じられる。地獄だ。窓の外に手を伸ばせば新鮮な空気が吸えるというのに、窓を開けることもできない。なぜ自分からここに飛び込んでしまったのだらふか。などと現実逃避をしつつ、もっとスピード出さんかい、ゴルァ!!!と運転手を緊縛、ではなくて叱責したくなるのだ。

人混みは嫌だ。痛いし、苦しいし、人いきれで疲れてしまう。たった5分が永遠に感じられる。地獄だ。窓の外に手を伸ばせば新鮮な空気が吸えるというのに、なぜ自分からここに飛び込んでしまったのだらふか。などと現実逃避をしつつ、もっとスピード出さんかい、ゴルァ!!!と運転手を緊縛、ではなくて叱責したくなるのだ。

なんとか座って羽田空港まで行きたい。方法はなくもない。最も簡単なのは、タクシーで向かうことである。いや、さすがにそれはダメだ。金がかかりすぎる。ならば三田駅まで歩いて京浜急行に乗れば空いているかも、と思ったが、それも甘い。

昭和63年から平成元年にかけて、私は泉岳寺の会社に勤めていたのだ。バイトではあったが、スーツを着て出勤することが多かった。なんせ大手メーカーのでかいプロジェクトをバイトに丸投げという、とんでもない時代がバブルだったのだ。おかげで今があるのだから不満はない。

そう、泉岳寺は混んでいたではないか。朝9時出勤で、五反田から浅草線に乗り換えていたが、とにかくすごかった。あれが32年を経て変わっているとは思えない。当時よりも明らかに大きなビルが数多く立ち並んでいるからだ。

京浜急行もダメか。

ならば、早い時間のモノレールで空港に行ってしまうのはどうだ。社宅には水しかないが、空港のダイヤモンドプレミアムラウンジならば、ドリンクも食事もネットもあるから、仕事もできる。よし、そうしよう。そそくさと身支度をすませると浜松町駅に向かった。電光掲示板には6時58分発の空港快速と表示されている。

おお!これに乗りたい。

時計を見るとまさに今が6時58分。ホームに向かうエスカレーターの上方から、モノレールの発車音が聞こえてきた。

ああ、間に合わず。7時からはすべてが各駅停車だ。しかしこの時間だと余裕で座ることができた。どうせ座っていれば空港に着くのだ。混まなければ、どうということはない。