シャンパン

札幌の飲み屋で聴こえてきた話 ~ニュークラ嬢の収入~

「昨日の飲み代、85万円だったんだよね。」

不意に私の耳に入ってきた声に、好奇心マックスとなった。カウンターに座る私の後ろのテーブル席で会話をしているのは40代くらいの男性二人。

そうですね、話している方を手稲、聞き役の方を白石とでも呼びましょうか。ハケン社員アタル、面白いですよね〜。原作なしのオリジナル脚本だそうですよ。

「あのシャンパンがね、45万円。」

金額からしてニュークラブの話だろうか。ここ札幌ではキャバクラとは呼ばない。それはエッチな店を指してしまうからだ。仙台あたりでもニュークラと言ったりする。

「いやあ、金の使い方は考えないとね。となりに付いた女の子の話を聞いたら、俺の飲み方なんて大人しいもんだよ。」

そうなのか。85万円あれば中古車が買えるぞ。私が飲み屋で使うことは一生ない金額だろう。

「12月のあいつの売り上げ、億超えたって。なんでも売上が一定額を超えると、売上を店と折半なんだって。」
「ええ?!じゃあ月給で数千万円?!」

白石が素っ頓狂な声を上げた。私も酒を吹き出しそうになった。

「そうなんだよ。」

手稲は話を続けた。

「誕生日の時なんて、客が特別なドンペリを10本空けて並べたって。」
「それだけで数百万円?!」

白石がまたもや驚く。

「それって、年収、億超えるだろ?税金対策とか大丈夫なのか?」

手稲は静かに話を続ける。

「なのにあいつ、生活が地味でさ。金を貯めてるらしいんだよ。もともと美容師なんだけど、美容系の店を自分で持ちたいって、東京で物件を探していた時期もあったらしいよ。」
「なかなかやるね。でも、飲み屋の娘が夜を上がって店をやるって、現実はなかなか甘くないだろうよ。」
「それがあいつ、勉強のために二年間、ニューヨークの店で働いてたんだって。」
「ええ?英語話せるの?」

なんだかすごい話である。一晩で何百万円も使うって、どんな商売してるんだろうか。札幌でこのレベルなら東京はもっとすごいのだろう。若いうちに数十億円も貯めて、それを元手に投資などで生活してる女性は、相当数いるはずだ。

沖縄のマンションでも買ってくれないだろうか。売るほどあるのだが(笑)