客に感謝されない商売 ~ありがとうと言ってはいけない~

とある日の会議でのことだ。様々な職種の中小企業経営者が集まって議論を深めていた。悩みもいろいろだ。岩手県のとある社長は、代々地元でパチンコホールを経営している。以前、彼が話していたことが印象的だった。

「私たちの商売は、お客様に 『 ありがとうございます 』 と言ってはなりません。お客様から『ありがとう 』 とも言っていただけません。お客様には感謝しろと社員に言っても、負けた客には暴言を吐かれますし、なかなかやりきれないものがあります。」

確かにそうだ。私もパチスロをやるが、買って当たり前、負ければ悔しい。店員に対して暴言を吐くことはないが、八つ当たりしたくなる気持ちは分からないでもない。今回、彼には差し迫った新しい悩みがあると言う。

「最近のアニメが分からんのですよ。」

まあ、アラフィフで最近のアニメを見る方が少数派であろう。私だって同年代にはまるで話が通じない。だから若い娘と話す方が楽しいのだ。

「最近の新機種はアニメばかりなのですが、さっぱり分からないので、どれを買えばいいのか迷っているうちにヒット機種を買い逃して、若い社員から、社長、どうして買わないんですか、とか言われてですねえ…」

ピンと来た私の口をついて出た言葉は、

「リゼロ?」

彼がすがるよう目で私を見た。

「そう!それなんですよ!そうか、けいたまパパさんに聞けば良かったんだ!もう、最近のは全然分からなくて…」

まるで天から垂れた一条の糸を見るかのごとく、私に顔を向けながら話す彼の表情には、少し明るさが戻っていた。あれは名作ですよ。アニメもパチスロも素晴らしいので買いなさい。Re:ゼロからはじめる異世界生活。エミリアたんが待っているぞ。

私はレムの方が好きだ。