朝からガッツリ飯がかっこいい?

異常気象で沖縄よりも暑い北海道でランチを済ませ、女満別空港から羽田に向かう。離陸した飛行機は北の大地を眼下にぐんぐんと上昇していった。今晩は東京泊である。毎月最終月曜日は東京駅近辺でランチョンと決まっている。ランチを食べながらの会議だ。

女満別空港を離陸直後

朝の会議はパワーブレックファストなどと呼んだりするが、昼はランチョンである。なぜ朝飯の方がかっこいいのだろうか。直訳すれば力朝飯、東京ちから飯みたいではないか。それに比べてランチョンなる響きはなんだか金魚の名前みたいで、力強さに欠ける。カロリーも品数もパワーがあるのはあきらかにランチである。

なに?パワーブレックファストの意味は「朝からがっつり飯」なのか?

まらば朝ラーも、朝から海鮮丼も、朝からとんかつ定食もパワーブレックファストではないか。吉野家で朝定を食べずに、超特盛を食べたらスーパーパワーブレックファストにはならないのか?マクドでエッグマフィンなど食わずに、朝からビックマックとダブルバーガーにナゲットを食べるのも同じではないのか?

藤枝 朝ラーメン
静岡県藤枝市 朝ラーメン

あれ?

私は訳あってマクドを食べることができない。この30年間でマクドに入ったのは二回しかない。一度は10年前にドリンクを飲むために都内のマクドに行った。もう一回は20年前に北京で朝食を食べたのだ。北京市内で中国人数名と一緒に朝食の店を探すも見つからず、麦当労(マクドナルド)に仕方なく入った。朝ならエッグマフィンでもあるだろうとメニューを見たが、モーニングなるものはなかった。中国人たちは普通に朝からダブルチーズバーガーだのビッグマックだのフィレオフィッシュ等を注文していた。

まさにパワーブレックファスト。

中国では朝から焼き餃子などを食べるのだった。朝からガッツリ食べるのは常識であった。日本人も朝飯をしっかり食べようよ。