FX自動取引(EA)で稼ぐまで #1 ツールと言語

FXをするために

投資するならFXスキャルピングだとQuoraで読んだ。早速調べてみた。スキャルピングとは頭皮を向くように薄く薄く利益を取って、それを1日に数百回行う方法だ。頭皮をスカルプと呼ぶのだが、インディアンが頭皮を剥ぐ行為から名付けられたらしい。

当然ながら人間がやるには厳しい。パソコンの前に張り付きになる。それはいやだ。元ITエンジニアとして自動取引を目指すのは当たり前だ。

株式をAIで取引させることも考えた。PythonとTensorFlowでAIプログラミングをしてみた。なるほどと思ったが、これを使って株式取引までもっていくほど時間的余裕がない。

もう若くはないのだ。

一日に集中できる時間は限られている。その大半は仕事に使うことになる。だから私が何もしなくても自動で取引するツールができれば、資産運用が楽になる。

そもそも私自身がなぜか資産運用にあまり興味がないのだが、プログラミングとなれば燃えてくるというものだ。

MT4/MT5

FXの取引をプラットフォームの代表格がMetaQuotes社が無償で提供するMetaTarder4、通称MT4である。その後継がMT5だが、MT5には自動取引機能が搭載されていない。なので現時点では自動取引はMT4一択となる。

などとネットに書いてあるが、ウソだ。

FXでの自動取引プログラムをEA(Expart Advisor)と呼ぶ。MT5でもEAができる。MT4のMT5の違いは対応するマーケットだ。MT4はFX専用であるのに対し、MT5は先物及び株式市場にも対応している。

つまり先物や株式のEAができてしまうのだ。

ダウンロードはこちら

MQL

EAのプログラミング言語はMQLである。ベースはC言語だ。私は19歳からC言語を使ってきた。Latiice-C, Turbo-C, unixときてMS-C, その後はVisual Cである。Objective-C(Apple開発用)も使ってきた。

C言語ライクと言ってもmain()はない。イベントドリブンで、関数名が決め打ちである。必要な関数を記述するとオーバーライドされる仕組みである。

MT4用の言語がMQL4, MT5用はMQL5である。

次回はMT5をインストールしてEAを設置してみる。