FX自動取引(EA)で稼ぐまで #2 FXの基礎

MetaTrader 5

Windows版のMetaTrader 5(MT5)をダウンロードしてインストールした。

MT5

ところでFXってなに?

ここで基本だ。FXとは外国為替取引のことである。ドルを買って、円が下がったら売って利益を出す、と考えて間違いないだろう。

だが世界は広い。米ドル、ユーロ、香港ドル、シンガポールドル、英ポンドなどなど、様々な通貨がある。どの組み合わせで儲けるかは自由なのだ。どの通貨を組み合わせるか、これを「通貨ペア」と呼ぶ。

USDJPYならば米ドルと日本円の通貨ペアだ。

FX取引の基礎

FX取引の入門サイトを読んでみた。よく分からない単位や単語が並んでいる。慣れている人はすらすらっと書いているが、こちとらド素人だ。何を言っているのか、一読しただけでは分からない。

これでは教科書と変わらない。

仕方がない、ノートを取るつもりで整理してみた。

Lot(取引量)

FXにおける通貨量の単位。1 Lot=10,000通貨単位。
米ドル/日本円(USD/JPY)取引だと1Lot = 1万ドルとなる。

※業者によっては1 Lot=100,000通貨単位なので要注意。最初に確認必須。

pips(価格変動)

通貨ごとに価格変動を表現するとややこしいのでpipsで表現するらしい。%のことだ。

1pipsは日本円にしてだいたい1銭。(1円=100銭)
米ドルならば0.01セント。

他の通貨についてはWikipediaを参照すれば分かる。

MT5ならばpipsの値が分かりやすいよう、大きく表示されている…のだろうか?初心者すぎて分からない。

スプレッド(手数料)

買値と売値の差である。つまり手数料である。いくつかのFX業者の手数料を調べてみた。

業者名USDJPY(米ドル日本円)EURJPY(ユーロ日本円)
SBI FXトレード無料0.28銭
GMOクリック証券0.1銭0.3銭
DMM FX0.1銭0.3銭
外為どっとこむ0.1銭0.3銭
FX業者手数料比較

えー、pipsではなく銭単位である。日本円が絡む取引はすべて銭である。おそらく海外のFX業者を使うと円取引でもpipsを使うのだろう。

0.1銭=0.1%なので、日本円で1Lotの取引をすると、1万円で10円となる。スキャルピングは一日で数十回も取引するので、例えば総計額が50万円ならば500円である。

スワップポイント

各業者のウェブにスワップポイントなる単語が踊っていた。低金利通貨で高金利通貨を買った場合、政策金利調整として入金される金である。日本は公定歩合、ではなく政策金利が-0.01%と超低金利だが、世界には超高金利の通貨もある。

通貨政策金利(%)
日本円-0.10
米ドル0.25
ユーロ0.00
トルコ17.00
メキシコ4.25
2020年12月時点の政策金利

日本円でトルコリラを買えば毎月かなりの金利が入ってくるが、トルコリラで日本円を買えば逆に金利差を払うことになる。

ん???

買ったトルコリラでスワップポイントをさんざん稼いでも、そいつで円を買い戻せば保有期間中のスワップポイントがパーになるということか?

なんだか手品みたいな話だな。そもそも超短期取引のスキャルピングするのに、長期保有のスワップポイントは相性が悪いような気がする。

もう少しFXを理解してから改めて検討しよう。