沖縄のステーキ勢力図の変遷及び忌まわしき記憶について

沖縄では締めのステーキは有名だ。双璧は二つ。ジャッキーか88(はちはち)。そこに割り込んできた新興勢力がサウザンドステーキだ。さらに今、新星が現れた。

ひかるステーキ。

馴染みのキャバ嬢から話は聞いていた。美味いらしい。そして今日、取引先に誘われてここに来た。和牛が食えると言う。

ほう。千円で和牛。本当だろうか?

松山交差点からりゅうせき通りに入り、二本目の交差点を右に曲がる。数軒先のビル…

あれ?

これって、スイートルームセイラのあるビルではないか?いわゆるショーパブだ。

強烈な思い出がフラッシュバックする。

平成25年の年の瀬だったろうか。たまたまアラフォーバツゼロ彼氏なし、バリバリのキャリアウーマンの女性ら三人とイタ飯屋で食事をすることになった。この年、私はとある経済団体で女性委員長のもと、女房役である運営幹事を務めていた。委員長は数軒の飲食店を経営していた。三人のうち、一人は委員長、あとの二人は委員長の友人だった。

話が盛り上がり、二軒目に行くことになったが、すでに行く店が決まっていると言う。連れてこられたのがここ、セイラ。ニューハーフのショーはなかなかのものだった。この年ほどゲイバーやニューハーフの店に行ったことはない。男性のキャバクラに付き合わされる女性の気持ちが、少しわかったような気がしたくらいだ。

女性三人ともかなり酒が入っている。ショーが終わると、おもむろに委員長が私に言った。

「あんた、ホモでしょ?」

はあ?何を言いだすんだか。だいぶ酔ってるな。なんで私がホモなんだ?

「だって、これだけ二人でいる時間があるのに、私のこと、一度も口説いたことがないじゃない。」

はあ?どんな思考回路だ?あんたを口説かないとホモになるのなら、この団体の男性の大半はホモになるぞ。

「ねえ、この三人の中で付き合うとしたら、誰がいい?」

やめてくれ。拷問だ。女性の嫉妬心を煽るような質問には答えたくない。その上、私の好みは若い娘だなんて言ったら、それこそ何をされるか分からない。ここは穏便に済まそう。

「いやあ、三人とも素敵だから、私じゃなくてもいいんじゃないかな…」
「ほら!やっぱり、男がいいんだ。」

意味が分からん。力説してやる。

「オレはノンケだ。」

そこにショーを終えたニューハーフが話に加わってきた。

「やっぱり、ノンケなんて言葉知ってるから、あなた、こっち側の人でしょ?」

話をややこしくするな、このボケ!俺はどノーマルだ、若い娘が好きなんだ。アラフォーとかニューハーフとかはアウトオブ眼中なんだよ!と言いたいが、ここは我慢だ。

「ほーら、彼女(ニューハーフ)もそう言ってるでしょ?カミングアウトしなさいよ。」

委員長、目が座ってるよ。そりゃ、カミングアウトしたいけど、したら身に危険が及ぶでしょう。ここは黙って耐えるしかない。

「ホーモ、ホーモ!」

なんのコールだ。何だこいつらは?頭がおかしくなりそうだ。

言い訳を作って店を出た。頭がクラクラする。ああ、どこかに若い娘はいないか?誰でもいい、俺と話をしてくれ!ふらふら歩いていると、同じ委員会のメンバーが道に立っていた。ああ、ここは彼の店の前じゃないか。彼は那覇市内で数軒のキャバクラを経営していた。私は彼に声をかけた。

「一人でも入れるかな?」
「一人で来るなんて珍しいですね。誰か指名いますか?」

彼が私に尋ねた。

「誰でもいいから、若い女性と会話させてくれ。気が狂いそうだ!」

一瞬、彼は不思議そうな顔をしたが、私が一人で店に来るなんて、よほどのことがあったのかと、黙って店内に案内してくれた。

そうして私は魔界から日常に還ることができたのだった。