【WordPress】エラー Data error in Search Console

ダッシュボードがおかしい

WordPressを使ってブログを構築しているが、様々な問題に遭遇する。今は便利な時代で、本などで調べなくてもネットで検索すれば大概、解決法が見つかる。昔に比べて生産性が格段に高くなった。なのに、日本企業の生産性はこの30年間、国際的に落ちる一方で、1989年に世界トップだった国際競争力は今や第30位、お隣の韓国や中国よりも下である。ITの使い方がへたくそだからなのではないか。

40年前はプログラミングが「遊び」と言われた。パソコンでプログラミングを学習していると「遊んでばかりいるな!」と親に怒られた。それが今や小学校のカリキュラムである。40年かかってこれだ。教師が悪い。高い給料をもらっているくせに、自分たちの労働環境の変化をかたくなに拒否してきたのだ。子どもたちのためとか言いながら、自分たちの生活を優先するのが教師だ。パソコンなど覚えたくないのだ。プログラミングなど教育課程になかったのだ。だから私は教師が大嫌いだ。子どもの頃だって、いじめは同級生だけじゃない。教師からもだいぶやられた。

話がそれた。

だが、日本語の検索結果では解決方法にたどり着けず、英語のページでやっと分かった、なんてケースも少なくない。今日もまた、そんなエラーに遭遇した。英語版で運用しているサイトでのエラーのため、画面が英語なのはご了承いただきたい。

data error search console

エラーメッセージ

なんのことやら。HTMLタグの羅列だ。これではなんのことかさっぱり分からない。この赤枠の部分のコピーし、テキストエディタに張り付けてHTMLファイルとして保存した。それをブラウザで開いてみた。

エラーメッセージ

タイトルは”Error404″, いわゆるページが見つからないと言うやつだ。本文は”The requested URL /batch/webmasters/v3 was not found on this server.”だな。”/batch/webmasters/v3″が見つからないとのことだ。

問題を解決しよう

Googleで検索するとばっちりヒットしたのは英語のサイト。怯まずに行こう。掲示板での質問に回答が付いている。同じ目に遭った人たちが世界中にいた。そして何もしていないのに直ったと言う人と、Site Kit by Google プラグインをいったん無効化してから再度有効化したら直ったと言う人がいた。

試してみる。プラグインの設定を表示すると…あれ?プラグインのバージョンが更新されている。

  1. まずは更新してバージョンアップしてみよう。残念、更新しただけでは直らなかった。
  2. 続いて、プラグインの無効化/有効化を試してみる。残念、状況は変わらず。
  3. 次に試すのは、Site Kit by Googleのリセットだ。
Site Kit by Googleのリセット

Site Kit by Googleの設定をクリックし、”管理者設定”タブをクリックすると現れる「Site Kit をリセット」をクリックする。

確認画面

確認ウィンドウが表示されるが、躊躇せずにRESETする。

リセット完了

設定を完了し、ダッシュボードを表示するとエラーが消えた。よかった。とりあえずはこれで様子を見ることにした。