牛たんと仙台牛 ~仙台の美味いもの~

今晩の食事は海鮮居酒屋であろうと予測して、ランチは北海道十勝の短角牛ステーキを食べたのだが、実際には仙台牛の焼肉フルコースであった。

仙台と言えば牛タンがつとに有名だが、ほとんどが米国産の牛タンを使っている。BSE(狂牛病)で米国からの牛肉が輸入できなくなった時は、相当な痛手であったと聞く。

ちなみに日本以外で牛タンを日常的に食べる国は少ないと聞く。確かに内臓料理が豊富な中国でも、牛タン料理は聞いたことがない。アヒルの舌は食べたことがある。大陸ではスタンダードな料理だ。牛タンはメキシコで食べるくらいで、世界中、特に米国では日々、大量の牛タンが食べられずに廃棄されているのだ。

関係者が聞けばもったいないと思うだろう。

仙台牛焼肉

仙台牛はれっきとした国産の和牛であり、宮城県内で肥育され、出荷された牛肉である。もちろん、激ウマである。

県外から来てる人間は、その土地の美味いもの、その土地で採れたものが食べたいのである。仙台であれば、牛タン、仙台牛、海の幸であろう。

それなのに、宮城県民の知人から誘われた仙台ランチはお好み焼き店であった。ただ、それだけだ。